ETCカードを挿入する車載器とは?

By admin - Last updated: 金曜日, 5月 3, 2013 - Save & Share - Leave a Comment

ETCを利用するためにはまずは自分のライフスタイルに合ったETCカードを準備する必要があります。

ETCカードが準備できれば次はETCカードを差し込む車載器を車に取り付けなければいけません。

車載器は料金所のアンテナに無線で車両情報を通信する機能がありますが、それ自体に支払いの能力はありませんので、必ずETCカードとセットで準備が必要です。

 車載器には、あらかじめ車両の情報を登録しておく必要があります。

この作業をセットアップと言います。

高速道路では車両によって料金が違いますから必ずこの作業をしなければいけません。

 セットアップは高度なセキュリティー処理を必要とするため、登録されたセットアップ専門店でしかできません。

オンラインでセットアップが行える専門店に行けば、ETCカードがあれば当日からすぐにETCを利用することができます。

また、車載器を他の車に付け替えた場合や車両のナンバーが変更になった場合には再セットアップをしなければいけません。

 車載器には、アンテナとETCカードを挿入する本体が一体になった「2ピースタイプ」や本体とアンテナが別になっている「3ピースタイプ」、車のインテリアに組み込まれている「ビルトンタイプ」がありますので、自分のスタイルに合わせて選ぶといいです。

 価格はセットアップ料金、本体代、工事費などを合わせると大体1万5千円前後かかるようです。

Posted in 車載器について • • Top Of Page